Touchmark イラスト マーカーペンのご紹介 【種類が豊富でおすすめです。】

ブログ 商品レビュー

ども、シラシラ。(@shi_sh1ra)です
皆さんご存じのコピックは、滑らかで重ね塗りができる種類の豊富さから、イラストレーター・漫画家に愛用されています。今回は、使い勝手も含めた記事を纏めました。コピックから100円マーカー・その他のマーカーペンをレビューしていきます。

 

初心者がコピックを選ぶ基準


先ずは、試し書きも含めて色が少ないコピックセットをオススメします。理由は、塗る作業を自分で体験してみないとわからないからです。それでも、全色揃えたいのなら それでも良いのですが 先ずは触りから始めてみるのも良いかと思います。

 

慣れてきたらこれがオススメ


塗りに慣れてきたら、脱初心者向けにこちらを推薦します。程よく揃った36色セットでAからEまでの5種類があります。主に、系統色がはっきりと分かれており それぞれのイメージによって使い分けをするのが良いでしょう。メリットは安定した色塗りができること。滲みなど無く、塗って後から直ぐに乾くのが利点です。その分お値段が高めとなっております。

 

100均一のイラストマーカと比較


100円均一のレビューを纏めました。詳細はこちらをご参考ください。結論を言うと、ダイソーの方が種類は豊富ですが、セリアだと先端ブラシが細くて安定して塗ることができてお勧めです。デメリットとしてはセットではないので、一から集めて購入しなければいけないという二手間が発生してしまう点にあります。

 

100円均一ではないが、コピックより安価なマーカー一覧


その他に、実際に使用したマーカーペンをご紹介します。Touchmark というマーカーペンをで、ラインナップが30色・40色・60色・80色・168色 とあります。実際に80色を注文したのがこちら。

中身はマーカーペンの他に、ミリペンとホワイトペンが1本ずつ。収納ケースが付いているのが利点で持ち運びが可能となっています。マーカの色番号がバラバラだったので、一旦整理しました。

色が飛び飛びなのは、全168色とある中の80色なのでご承知おきください。こちらも両端に細ペン・太ブラシが付いており塗り分けが可能です。しっくりと握れるのでサッと塗ることができます。100円均一と比較するとこうです。

80色であれば、上記のようにグラデーションも可能です。1点残念なのは、ぼかしで使うブレンダーペンが入っていないことと、ミリペンが多少インク出過ぎて使いにくい位でしょうか。。ブレンダーペンのイメージはこちらです。

80色もあれば、色んな試し書きが可能です。近い色を重ね塗りすると色に奥行きが出てきますので沢山試行錯誤すると良いでしょう。

 

纏め


如何だったでしょうか?コピックを選ぶのも良いですが自分のレベルやお財布事情に合わせて 製品を購入してみるのも良いかもしれません。是非、ご参考にして頂ければ幸いです。

それでは楽しい創作ライフを♪
またね。