iPadProで簡単に描ける?? Clip Studio Paint vs メディバンペイントの比較検証

ちょっとした描きコツ! ブログ 描きコツ! Clip Studio Paint EX

ども、シラシラ。(@shira_sh1ra)です。
普段ボクは漫画創作を ClipStudio EX for iPad を愛用しています。

先日こんなツイートしました。

 

iPad を持っている人達は何のお絵かきアプリを使って描いているのか?

 

最近良くiPad Pro で創作をしておりますが、ふとっ思ったことがあります。
筆者は、2016年にiPad Pro を購入してずっとメディバンペイントで描いておりましたが
2017年11月にClip Studio Paint for iPad がリリースされてからずっとこちらにシフトしてイラストや漫画を描いております。

そこで、少しでも参考になればと思い
Clip Studio Paint と メディバンペイントを簡単に比較検証をしてみようと思います。

 

 


そんな Clip Studio Paint  for iPad とは?

 

こちらは、セシルスさんからリリースしている
“CLIP STUDIO PAINT for iPad” のアプリケーションです。
長年PC向けにパッケージとしてリリースされていたのですが、2017年11月にiPad 専用のアプリが登場して以来、世界中でプロ・アマ問わず愛用されている一種となります。

 

 


その前は、こちらを使用しておりました。

iPad で使用する無料アプリケーションです。
標準で付いている画材 やトーンの種類が豊富で 初心者で慣らしたいという方は試し描きしても良いかもしれません

 


簡単な比較検証

その1 ~価格設定~

 

 

CLIP STUDIO PAINT for iPad は基本 有料制メディバンペイント for iPad は無料になります。

 

※厳密に言うと、CLIP STUDIO PAINT for iPad はアプリのインストール可能で無料で描けるのですが
肝心のファイル保存ができません。また初月から3か月間は 登録無料なので 試し描きをしてみても
 良いかもしれません。

 

PC用 と iPad 用だと価格設定が違う! 

ちなみに余談ですが、Windows, Mac OS 版ですと買い切りですが、iPad だと定額制になってしまいます。
 只、iPad は持ち運びが出来て、どこでも創作可能なので それだけでもかなりメリットはあるのかなと思っています。

 

その2 ~データ形式~

・ざっくりとですが、早見表を作成しました。
ここで言うデータと言うのは、書き出しという意味合いで書かせて頂いております。
と言うのも、出力形式によって 相手が受け取りたいデータ形式かが変わってくるので
とても重要になってきます。

※逆もまた然りで、受け取ったデータが開けなかったら本末転倒ですが漫画という面で言えば、 CLIP STUDIO PAINT EX for iPad だと大体のファイルは開けるよう対応されているようです。お仕事で活用してみたい人は、こちらの方が良いかもしれません。

 

その3 ~漫画原稿の 一括管理が CLIP STUDIO PAINT for iPad なら楽々可能!~

Clip Studio Paint for iPad では、この一括管理の機能が使用できるのに対して
Medi Bang Paint for iPad は、原稿1枚ずつの管理となります。
※ただし、Clip Studio Paint EXに限ります。Clip Studio Paint PROではこの機能はありません。

 

◎一括管理におけるメリットはこちらです!

  1. ページ数の割り振りができる
  2. ページ数の割り振りができるから漫画の構成も組み立てやすい
  3. 最初に原稿サイズとカラー・モノクロ、ノンブル設定が一度にできるから二度手間にならない。
  4. 原稿が何処が終わっているのか、直ぐ見つけやすい。
  5. 背景描写やトーンのお願いをする時に直ぐに展開できる。
  6. 何より、データを一括書き出しできるからチョー楽!!

 

上記は、Clip Studio Paint EX にあって、Medi Bang Paint にない機能です。

有効活用しましょう!

 

その4 ~無料だと 操作する度に広告が付いてくる~

Media Bang Paint は無料な為、広告がついてくるのがネックです。
気にしない方は 特に問題は無いですが、目につきやすい方は少しストレスになるかもしれません。
Clip Studio Paint for iPad では広告は付きません。

 

その5 ~標準搭載の画材について~

Medi Bang Paint for iPad

ダウンロードが必要になりますが、パッと見るだけでもかなり充実しているのがわかります。

 

Clip Studio Paint for iPad

こちらもラインナップのとしては充実しております。
素材だけで言えば、それほど差はないかもしれません。

強いて言えば、Clip Studio Paint for iPad を使用するユーザーが増えていますので そこに注力したカスタムブラシなどを無料 / 有料配信している傾向は見て取れます。

 

 


纏め

結果から申し上げますと、

クオリティ・柔軟性をとるなら、Clip Studio Paint for iPad ‼︎
お手軽さ・お絵かきを始めたい初心者の方なら、MediBang Paint for iPad ‼︎

 

趣味で描いたり、Web やsns でアップするだけなら、MediBang Paint for iPad。
同人誌や持込みや電子書籍・お仕事など、他のソフトとも連携を取って柔軟に対応したいのであれば、Clip Studio Paint for iPad という見解になりました。という事で、Clip Studio Paint にもお試し期間があるので先ずは両方使ってみながら、検討するのは如何でしょうか?

 

それでは楽しい創作ライフを♪

またね。