ちょっとした描きコツ!

これで簡単!この記事を読んだだけでクオリティが上がる髪型が描けてしまう魔法の本をご紹介!

みなさん、髪を描くのに 苦労したことはありませんか?
そんな方に朗報です。

これがあれば、どんな角度だって綺麗な髪が描けちゃいます!!

こういう本を待ってたのよ…👏

タイトルにもある通り、絵を描く際にとても参考になった良書です。

ではこの書籍がどのようなメリットを産んでくれるのでしょうか?

こういうときに本書があると嬉しい

メリット1

色んなヘアスタイルを描きたい

メリット2 正面は描けるけど、角度を変えたらとたんにかけなくなった
メリット3 後ろ姿や横顔はもちろん斜め後ろなどの資料がほしい
メリット4 髪とマフラーのかけ合わせなど 髪の流れや動きを知りたい

資料集めなどに、こういった点で困っていた方が多いのではないでしょうか?

実際に絵を描く際、資料集めは欠かせません。
絵のクオリティは 絵を描く前の準備段階で決まると言っていいくらいです。

参考資料として良書なのはわかったから使い方なんかを教えてくれ!!

それでは本書の詳細と解説に行ってみたいと思います。

さまざまなヘアスタイルが360℃ 確認できる

本書には付録としてDVD-ROM が付いております。
何といっても一番のメリットはここではないのでしょうか。

メリット1 水平アングル 360° 回せて見れる!
メリット2 フカン 360° 回せて見れる!
メリット3 アオリ 360° 回せて見れる!

これらの全てから360° の資料が搭載されています。調べたところ、フカン・アオリは一段階にわけられており 極端な上下はないようです。

ですが、それぞれを360° 資料確認できるのはこれだけではないでしょうか?

今までクリエイターが資料集めをする時、『ここの角度の顔が欲しいんだよね』と思ったことはあると思います。 本書は それが360° モデルを動かしながら確認が出来るって訳なんです!

多種類なヘアスタイルが搭載

ロングヘアからその他のアレンジが多々あります。

ロングヘア
ロングヘアアレンジ
ポニーテール
ツインテール ミドル
ツインテール ハイ
ツーサイドアップ
みつあみ
お団子ヘア
ミディアムヘア ストレート
ミディアムヘア ウェーブ
ショートヘア ストレート

これらの全てを360° 角度を変えられ、観察することが可能です。

それぞれのヘアスタイルがある他、ロングヘアは髪を持ち上げたり耳にかけたり、マフラーの巻く種類があるようです。

ヘアを描くときにわかりやすく解説が載っている

本書は単に観察資料として掲載されているのでは無く、髪を描く際に必要な比率や髪に関する基礎知識が載っています。 初心者~中級者にとって キャラクターの髪は生命線と言っても過言でないくらい 大事なパーツのひとつです。その描き方に関するポイントが載っているのはとても大きいポイントだなと感じました。

ざっくりと助かったポイントとしては下記になります。

助かるポイント1 前髪の描き方
助かるポイント2 横髪の描き方
助かるポイント3 もみあげからの髪の流れ
助かるポイント4 つむじから後ろ髪の流れ
助かるポイント5 後ろや横の耳・描き分けた髪の流れ
助かるポイント6 ヘアアレンジした際の襟足の生え際
助かるポイント7 ツインテールの後ろの描き分け方

髪の描き方の解説本はありましたが、参考資料と抱き合わせての本は今までなかったと思います。

トレース資料として活用できる

本書はトレースを推奨しています。

実際にトレースして自分のキャラクターへ変換することはOKだそうです。ただし、いくつかの禁止事項もあるようで注意が必要です。

禁止事項

禁止事項 その1 資料自体をインターネットで公開
禁止事項 その2 資料を同人誌や商業誌などに掲載する
禁止事項 その3 資料をグッズ化したりすること
禁止事項 その4 購入した資料・情報を他人へ譲渡したり販売する
禁止事項 その5 本書に掲載されているイラストの掲載やグッズ化など
禁止事項 その6 資料を加工した状態で上記の内容を行うこと

いくつか諸注意が必要ですが、クレジットの記載なしでトレースできるのはバカでかいメリットだと思います!

トレースはしていいけど、守るとこは守ってねってことか!

まとめ

如何だったでしょか?

イラストレーターや漫画家にとって資料はクオリティに繋がる準備のひとつだと言えます。今回ご紹介した書籍は それを叶える要素のひとつになるのではないでしょうか?

kindleでは 部分的に試し読みも出来ますので是非 ご興味のある方は クリックしてみてください。 貴方にとって良い作品になれば嬉しいです。

ABOUT ME
shirashira
漫画家・イラストレーターのシラシラ。です。 創作に役立つコンテンツをちょくちょく更新したり、作品や実績をあっぷしたりします。