プロ漫画家が行っている 徹底的な取材方法とその裏側の話

ブログ

以前、情熱大陸で密着取材を受けていた
少年ジャンプで、こちら葛飾亀有派出所を連載していた『秋本先生』の特集を拝見しました。そこで感銘を受けたことがありました。それを書こうと思います。

『最先端技術とリアリティ』を追究していること

再度、今回お話する上で挙げさせて頂く方はこちら葛飾区亀有公園前派出所の秋本治先生です。

時代を先読みして、それを漫画に起こすという秋本先生の発信力が凄い。
取材編を見させてもらいましたが、先生は情報収集のひとつとして

 ・新聞の切り抜き
実際に必要な情報は現地に行って聞き込み取材

細部までこだわる方なんだと実感しました。

新聞の切り抜きは、情報収集の差別化として新聞を確認。
テレビに載っていない情報を漫画にして起こしています。
主に、経済に関する情報が多いです。

秋本先生は、ジェットコースターが怖いと言ってたのですが、
有無も言わずに、絶叫系に乗って体験するなど 漫画に対する熱意が凄いなと惚れ惚れしたぐらいです。

最後に、秋本先生が『漫画が好きだから』と放った一言
紛れもない真実で同時に重みも感じ取れました。

というのも、
漫画を描く前のボクは、『家で描いてて楽な仕事だ。』という客観的思考がありました。今は間違いだなと深く反省してます。

 

漫画というのはツールという事を意識すると思考や視野が広がる

漫画は、悪魔でツールでしかないと考えてます。
このツールを上手く使うには 発信する本人の知識と経験だと思うんです。
先日取材の必要性をに書きました。

自分の作品により磨きをかける『取材』の方法とは?

如何にリアルを読者に届けるかを考えたら、やはりここに行きつくんですよね。

前々から思ってたことなので、それを踏まえて 秋本先生の密着取材を拝見してて、やはり間違ってはないんだなって思いました。(本当に有難うございます。

 

総発行部数の裏側

32年間の連載でコミックスは162巻。
総発行部数は1億5000万部。

驚異的な数字ですよね。

只々、良い意味で圧力しか感じてません(笑)
その反面、プロアシさん(スタッフ)に労う優しさもあり、こちらも何だかホットになってしまいました(照)

秋本先生は他にも『秋元治の仕事術』を出版しているのも読了しました。漫画を描いている方、おすすめですよ!

 

これからも応援したいと思います。
これからも漫画創作や色んな情報発信して皆さんのお力になれれば幸いです。

それでは楽しい創作ライフを♪

またね。