文章を残したいのならこれを使う方が良い!Googleドキュメントの使い方を実例に沿って解説。

ブログ

ども、シラシラ。(@shira_sh1ra)です。
プロットやネーム制作を考える場合、ボクは良くGoogle ツールを活用します。

先日、ボクはこんなツイートしました。

 


Googleドキュメントがクソ便利

 

ボクは良くGoogleドキュメントを使用します。ツイートでもご紹介しているように、Googleアカウントひとつあれば、色んな媒体でも活用可能です。ここで編集した文章はブログまたは漫画のネタに使用しています。

ボクなんかは、ノートPCで編集しつつ 移動時はiPhoneで文字打ちをしております。

 


実際の活用例

上記は、自分のブログ記事です。詳細はこちら
あらかじめ説明したいグラレコをGoogleドキュメントに新規挿入して作成したモノとなります。
ここでの要点は3つ。

可視化されるので、脳内整理ができる。
ふと気づいたこと、修正したいこと、作業を再開したいときにどこでも編集可能。
撮影した写真、編集した作品を文章に挿入可能。

※Googleドキュメントにはアカウントが必要です。
持っていない人は新規作成をしましょう。

 


実際に編集してみる

こちらが Googleアカウントを使用してログインしたデフォルト画面となります。
メモ書きなら 空白 の新規を選択、後はプリセットがありますので その用途に合わせたドキュメントを新規で選択すると良いでしょう。

タイピングしてみる

このように記録可能です。

ドキュメントに画像を挿入してみる

もし、画像を挿入したい場合はこちらをご参照ください。

 

このように別フォルダより、ドラッグ&ドロップ にて挿入可能となります。
Window OS、Mac・iPad・iPhone からでも可能です。

※iPhoneは+ボタンから選択!

移動時間など、スマホでも是非活用してみて下さい。

 


Googleドキュメントには自動保存機能あり!

 

先日、こんなことがありました。
皆さんも経験があるかと思います。

メモ帳にブログ記事を書いていたが、バッテリー切れで今までの記録が全て消えてしまった・・

Googleドキュメントのメリット

Googleドキュメントは、編集した時点で自動保存がかかります。
ではどのように保存がかかるのでしょうか。


 

自動保存の流れ

 

こちらは、2020年4月23に編集した記事です。

編集すると自動更新される

試しに編集をしたとします。

 

そうすると下記のように自動保存がかかりますので、突然消えたとしても途中から編集が可能となります。
自動保存までは、1~3秒ほどかかるので そこは注意が必要です。覚えておきましょう。


Googleドキュメントを使用した漫画創作一例

あくまで一例ですが、セリフから漫画になる流れを解説します。

セリフが書き終えたらネーム開始です。
ここで、構成を考えつつ 不自然なシーンがある場合は 書き直す・ドキュメントを編集するという流れになります。ネームから完成原稿までの流れは下記の通りです。

ネーム 一覧

 

完成原稿

※注意点として創作は、ドキュメントに起こした 原作と まったく一緒という流れにはなりません。

理由は、絵で説明してセリフで補足をすることが重要だと思っているからです。
そのために、ドキュメントで繰り返し修正をかけて作品に磨きをかけるのは十分にありです。

絵とセリフにおける作品の作り方についてはこちら

上の作品が気になった方はこちら

 


纏め

如何でしたでしょうか?
漫画だけではなく、ブログにも 活用できるGoogleドキュメントは 重宝しています。
ツールとして、Googleドライブや 資料作成におけるスプレッドシートなど活用方法は様々だと言えるでしょう。

これを機に 使用してみて下さい。

 

それでは楽しい創作ライフを♪

またね。